One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首九十八番 従二位家隆

小倉
百人一首
九十八番
kazesoyogu2.jpg
作者
Author
従二位家隆(じゅにいいえたか)
Junii ietaka
読み
Pronunciation
かぜそよぐ ならのをがはの ゆふぐれは
みそぎぞなつの しるしなりける

Kaze soyogu Narano ogawano yuugurewa
misogizo natuno shirushi narikeru
意味
Interpretation
秋風がさやさやと吹き
ナラの木の葉を揺らす夕暮れ
夏越のはらえの行事をやっているところを見れば
ああ、まだ夏だったんだな

Evening that blows refreshingly autumn wind, and shakes leaf of Japanese oak
Ah if the event of NatsugoshinoHarae * was seen to be done, it was still summer.

*Event of calamity drop done once at half a year

印刷用PDFファイルはコチラ → 0098.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 九十一番から百番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。