One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首九十二番 二条院讃岐

小倉
百人一首
九十二番
wagasodeha2.jpg
作者
Author
二条院讃岐(にじょういんのさぬき)
Nijouin no sanuki
読み
Pronunciation
わがそでは しほひにみえぬおきのいしの 
ひとこそしらね かわくまもなし

Wagasodeni shiohini mienu okino ishi
hitokoso shirane kawaku
mamo nashi
意味
Interpretation
私の袖は引き潮になっても
見ることができない沖の石のようだ
誰も知らないだろうが
ずっと涙で濡れ続けているから

Even if it becomes it at ebb tide, my sleeve is like the stone of the offing that cannot be seen.
Because it keeps getting wet with tears for a long time though no one will know.

印刷用PDFファイルはコチラ → 0092.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 九十一番から百番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。