One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首七十二番 祐子内親王家紀伊

小倉
百人一首
七十二番
otonikiku2.jpg
作者
Author
祐子内親王家紀伊
(ゆうしないしんのうけのきい)
Yuushi nai shin nouke no ki i
読み
Pronunciation
おとにきく たかしのはまの あだなみは 
かけじやそでの ぬれもこそすれ

Otonikiku takashino hamano adanami wa
kakejiya sodeno nuremo koso sure
意味
Interpretation
噂に聞く高師の浜の波は高く
いたずらに近づけば袖が濡れてしまいます

The wave of the beach of a high master who hears it from the rumor is high.
The sleeve is wet if fruitlessly approaching.
 
(別解釈)
まずお断りします
噂に聞く浮気性のあなたのこと
いたずらに近づいて後で涙で袖を
濡らすことになってしまいますから

(another interpretation)
First of all, we will refuse.
You of flirtatious tendencies hear it by the rumor.
Because the sleeve will be wet with tears later if it approaches fruitlessly

印刷用PDFファイルはコチラ → 0072.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 七十一番から八十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。