One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首七十番 良暹法師

小倉
百人一首
七十番
sabisisani2.jpg
作者
Author
良暹法師(りょうせんほうし)
Ryousen houshi
読み
Pronunciation
さびしさに やどをたちいでて ながむれば 
いづくもおなじ あきのゆふぐれ

Sabishisani yadowo tachi i dete nagamureba
idukumo onaji akino yuugure
意味
Interpretation
なにかさみしくなってきたので
家から出て外を眺めてみた
どこを見渡してもやっぱり同じような
さみしい秋の夕暮れだった

It went out of the house and the outside was looked at because it had become something lonely.
It was an after all similar, even in case of looked about where lonely evening of autumn.

印刷用PDFファイルはコチラ → 0070.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 六十一番から七十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。