One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首四十九番 大中臣能宣朝臣

小倉
百人一首
四十九番
mikakimori2.jpg
作者
Author
大中臣能宣朝臣(おおなかとみのよしのぶ)
Oo-nakatomino-Yoshinobu
読み
Pronunciation
みかきもり ゑじのたくひの よるはもえて 
ひるはきえつつ ものをこそおもへ

Mikakimori E-ji-no-takuhino Yoruwa-moete
Hiruwa-kietsutsu Mono-wo-koso-omoe
解釈
Interpretation
宮廷の門番である衛士が焚く火は夜は明るく
昼は消している
私もあなたへの想いは夜に燃え続けるが
昼には消すように努力していますよ

The fire is put out in daytime though the fire that the soldier who is the
guard in the court burns is brightly burnt at night.
I also am making an effort as erased in daytime though I keep burning the
desire to you at night.

印刷用PDFはコチラ → 0049.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 四十一番から五十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。