One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首四十六番 曽禰好忠

小倉
百人一首
四十六番
yuranotowo2.jpg
作者
Author
曽禰好忠(そねのよしただ)
Sone-no-Yoshitada
読み
Pronunciation
ゆらのとを わたるふなびと かぢをたえ 
ゆくへもしらぬ こひのみちかな

Yurano-to-wo Wataru-funabito Kajiwo-tae
Yuku-e-mo-shiranu Koi-no-miti-kana
解釈
Interpretation
由良の海峡を渡る慣れた船頭であっても
かじが無くなってしまってはどこへ流されるかわからない
私の恋もどこへゆらゆらと向かっていくかわからないものだな

Where it is thrown even if it is a boatman who goes over the strait in Yura who becomes accustomed when the rudder of the ship disappears is not understood.
No one that where my love also heads waveringly is not understood.

印刷用PDFはコチラ → 0046.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 四十一番から五十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。