One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首四十二番 清原元輔

小倉
百人一首
四十二番
tigirikina2.jpg
作者
Author
清原元輔(きよはらのもとすけ)
Kiyohara-no-Motosuke
読み
Pronunciation
ちぎりきな かたみにそでを しぼりつつ 
すゑのまつやま なみこさじとは

Chigiri-kina Katamino-sodewo Shibori-tsutsu
Sueno-matsuyama Nami-kosaji-towa
解釈
Interpretation
お互いに固い約束をしたはずよね
よろこびの涙で濡れた袖をしぼりながら
末の松原には波がこさないのと同様に
ずっと同じ気持ちでいる、、
と、、言ったはずだったよね、ね、ね!

It is necessary to have done a hard promise mutually.
While squeezing a wet sleeve in tears of joy.
It is similar to no excess to Matsubara at the end by the wave.
It sleeps should have said it is very same feelings.

印刷用PDFはコチラ → 0042.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(2) | トラバ(0) | 四十一番から五十番

この記事へのコメント
とても役に立つHPで嬉しく思っております。

こちらは41番から来たのですが、42番にリンクされています。
修正をお願い出来れば幸いです。
Posted by さき at 2010年01月11日 10:56
さきさん
ご指摘ありがとうございました。
訂正しました。
何度も見直したつもりでしたが見落としておりました。
今後もよろしくお願いいたします。
Posted by ダイム at 2010年01月11日 17:30
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。