One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首三十六番 清原深養父

小倉
百人一首
三十六番
natunoyoha2.jpg
作者
Author
清原深養父(きよはらのふかやぶ)
Kiyohara-no-Fukayabu
読み
Pronunciation
なつのよは まだよひながら あけぬるを 
くものいづこに つきやどるらむ

Natsuno-yowa Mada-yoi-nagara Akenuruwo
Kumono-izukoni Tsuki-yadoru-ran
解釈
Interpretation
夏の夜は短くて
まだ夜の間と思っていたのに明るくなってきた
月はまだ沈む時間ではないし
どこかの雲で寝ているのかな

It is short on the night of summer.
It has lightened though it was still thought that it was a night.
Is the moon not time that still sinks, and asleep because of the
cloud somewhere?

印刷用PDFはコチラ → 0036.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 三十一番から四十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。