One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首十八番 藤原敏行朝臣

小倉
百人一首
十八番
suminoeno2.jpg
作者
Author
藤原敏行朝臣(ふじわらのとしゆきあそん)
Fujiwara-no-Toshiyuki-Ason
読み
Pronunciation
すみのえの きしによるなみ よるさへや 
ゆめのかよひぢ ひとめよくらむ

Suminoe-no Kishini-yoru-nami Yoru-sae-ya
Yumeno-kayoi-ji Hitome-yoku-ramu
解釈
Interpretation
住之江の海岸に繰り返し打ち寄せる波のように
毎日毎日好きな人のところへ通う夢を見る
でも、夢の中なのに人の目を気にするなんて・・

Wave that surges repeatedly in coast in Suminoe.
I have the dream of commuting to a favorite every day person of every
day as if the wave.
However, person's eyes' worrying though it is in the dream :.

印刷用PDFはコチラ → 0018.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 十一番から二十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。