One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首七番 安倍仲麻呂

小倉
百人一首
七番
amanohara
作者
Author
安倍仲麻呂(あべのなかまろ)
Abeno-Nakamaro
読み
Pronunciation
あまのはら ふりさけみれば かすがなる 
みかさのやまに いでしつきかも

Amanohara Furisake-mireba Kasuga-naru
Mikasano-yamani Ideshi-tsuki-kamo
解釈
Interpretation

広々とした大空の遠くを見渡せば、月が見えている
あの月はふるさとの春日の三笠山(奈良県春日大社背後の山)
で見た月と同じ月なんだなあ

When the distance in the sky assumed to be spacious is seen, I see the moon.
...the same moon that moon as the moon in which Mt. Mikasa-yama of Kasuga (mountain in the
Nara Prefecture Kasuga Taisha Shrine back) in the birthplace...
印刷用PDFはコチラ → 0007.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 一番から十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。