One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首六番 中納言家持

小倉
百人一首
六番
kasasagi
作者
Author
中納言家持(ちゅうなごんやかもち)
Tyuu-nagon-Yakamochi
読み
Pronunciation
かささぎの わたせるはしに おくしもの 
しろきをみれば よぞふけにける

Kasasagi-no Wataseru-hashini Okushimo-no
Shiroki-wo-mireba Yozo-fukeni-keru
解釈
Interpretation
晴れた夜空にカササギの翼によってかけられると
いわれている天の川がきれいに見えている
また地上の橋にも霜が降りて真っ白になっている
夜もすっかりふけてしまったな

The Milky Way told building in the beautiful night sky of which it clears up with heron's wing.
Moreover, frost gets off in the bridge on the ground and it becomes pure-white.
Do not grow old completely at night.

印刷用PDFはコチラ → 0006.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(2) | トラバ(0) | 一番から十番

この記事へのコメント
左の「○番から○番」から入ったとき
五番の次が七番、その次が六番と
テレコになっています。
毎日1枚ずつ印刷する方は、ちょっととまどうかも。
実際、三十番近くまでやって
六番が抜けていることに、今気づきました(^_^;)
Posted by 梅子 at 2007年06月07日 17:34
梅子さん、、、まいどです(^▽^;)
いつも丁寧にご指摘いただきありがとうございます。
修正しました。
いや〜〜いろいろ変なところがありますね(汗)
がしかし、まだまだありそうです。
また見つかりましたら教えていただければ幸いです。
今後ともよろしくお願いいたします。
ありがとうございました<(_ _)>
Posted by ダイム at 2007年06月08日 14:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。