One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首五番 猿丸大夫

小倉
百人一首
五番
okuyamani
作者
Author
猿丸大夫(さるまるだゆう)
Saru-maru-dayuu
読み
Pronunciation
おくやまに もみぢふみわけ なくしかの 

こゑきくときぞ あきはかなしき
(え)


 
Okuyama-ni Momiji-fumiwake Naku-shikano

Koe-kiku-tokizo Aki-wa-kanashiki

解釈
Interpretation
山奥でもみじの落ち葉を踏み進みながら、
恋人を求めて鳴いているシカの声を聞くと、
秋の悲しさがより深くなるな

The sadness of autumn to hear the voice of the deer that is barking for the lover must not become sadder when I advance while stepping on the fallen leaf of the chicken foot in the recesses of a mountain.
印刷用PDFはコチラ → 0005.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(0) | トラバ(0) | 一番から十番

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。