One hundred poem-cards(Hyakunin Isshu) traced with brush pen

小倉百人一首二番 持統天皇

小倉
百人一首
二番
harusugite
作者
Author
持統天皇(じとうてんのう)
Jitou-tennou
読み
Pronunciation
はるすぎて なつきにけらし しろたへの 

ころもほすてふ あまのかぐやま
    (ちょう)


 
Haru-sugite Natsukini-kerashi Sirotae-no

Koromo-hosuchou amano-kagu-yama

意味
春がもう過ぎて夏が来たみたいだ。
あまのかぐ山では夏になると
真っ白なおみごろも(着物)を干すならわしがあるから。

Spring had already passed and summer came.
When summer comes in the Amano-Kagu-yama
Because there is an eagle if a pure-white kimono is dried.
印刷用PDFはコチラ → 0002.pdf

筆ペン、えんぴつなどでなぞり書きしてください。   筆ペンでなぞる百人一首TOPへ

百人一首を何枚でもプリントして練習できます。

| コメント(4) | トラバ(0) | 一番から十番

この記事へのコメント
当ブログにトラックバック有り難うございました。
Posted by anikobe at 2006年12月05日 18:33
こちらこそ、コメントいただきましてありがとうございます<(_ _)>
Posted by ダイム at 2006年12月05日 18:49
トラックバックありがとうございます♪

百人一首は小学生の頃よくやってたので、久しぶりに歌を見て懐かしくなりました。
なぞり書きっていいですね!手本を見ながら書くより書きやすそうだし。今度プリントアウトしてやってみたいと思います!
Posted by ウメコ at 2006年12月08日 20:56
うれしいコメントありがとうございます。
ぜひプリントして試してみてください。
Posted by ダイム at 2006年12月08日 23:38
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバック

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。